「そうや 腰を低くして踊るのが男踊りやわ♪」明石家さんまが阿波おどりのダンススタイルを教授♪ MBSラジオ


人気のラジオ番組(MBSヤングタウン)で、明石家さんまがレギュラーパーソナリティ飯窪春菜(モーニング娘)に阿波おどりのダンススタイルを教授♪
Sanma Akashiya, a Japanese comedian talked about "AwaOdori" with Haruna Iikubo & Sakura Oda of the "Morning Musume" on his radio show.

Behind the Scenes 阿波おどり in 東京ミッドタウン The TENSUI-REN AwaOdori Live Backstage


阿波おどりの本場阿波から東京ミッドタウンに登場した「天水連」のバックステージ, 音出し&PA・サウンドチェックシーン (from Live Streaming Archive via Ust & Twitcas) TMTビックキャノピーにこだまする"ぞめき"(阿波おどりのお囃子)が、東京ミッドタウンから六本木交差点まで轟く♪ Behind the Scenes of "AwaOdori in Tokyo Midtown" , The TENSUI-REN AwaOdori Live Backstage & Soundcheck at the Canopy square in Tokyo Midtown Japan

阿波よしこの by 本場阿波「天水連」

Click to Watch Video

「踊る阿呆に見る阿呆っ♪ 同じ阿呆なら踊りゃな損々♪♪」のフレーズでお馴染み、阿波おどりの代表曲「阿波よしこの」。
昭和6年、阿波おどりのお囃子を、お鯉さん(故、多田小餘綾さん)の唄う「徳島盆踊唄」として日本コロムビアが初レコード化。その後、「阿波踊り囃子」や「阿波よしこの節」と名前を変えつつ、各レコード会社から何度もレコード化されていくことになり、「阿波よしこの」のヒットがきっかけで、阿波おどりが日本中に広まり全国各地で踊られるようになった。まさに阿波おどりの代表曲。

「阿波よしこ」の第一人者、お鯉さん(故、多田小餘綾さん お鯉さんとよしこの